温泉山荘だいこんの花とSDGs
Action for SDGs

温泉山荘だいこんの花は、国際連合が提唱するSDGs(持続可能な開発目標)に賛同し
サステナブル(持続可能)な社会の実現につとめることを目指していきます。

 
 
SDGs(持続可能な開発目標)とは
持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)とは、2015年9月の国連サミットで採択されたもので、国連加盟193か国が2016年から2030年の15年間で達成するために掲げられた目標です。サステナブル(持続可能)な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。

サステナブル(持続可能)な旅に貢献するために
私たちができること

私たちは、以下の通り17の持続可能な目標(SDGs)に貢献することを目指し、お客様、従業員、取引先、地域社会に社会的責任を果たすべくサステナブル(持続可能)な取り組みを出来ることから一つずつ、着実に実行していきます。

- 環境への取り組み -

・紙資源の対策
館内で使用する紙類は、森林認証制度FSCⓇマークを取得している製品を使用しております。

・LED化の推進
客室・厨房・バックエリアの照明を全面的にLED照明に変更。電力使用量の削減ならびに室温上昇を抑えることで、空調のための電力消費を削減しています。

・大切な資源のリサイクル徹底
厨房などで出た廃食用油、館内で出たペットボトルやアルミ缶を含むゴミは、リサイクル業者により回収されリサイクルまたは細かく分類され処分しています。

・エコ清掃への呼びかけ
クリーニングで発生する有機洗剤などの使用を極力抑制することで環境への貢献ができるよう、連泊のゲストにはご希望によりシーツ交換等の省略にご協力いただいております。

・エコキャップの回収
ペットボトルのキャップを収集し、破砕後にリサイクル製品に生まれ変わらせるエコキャップ運動に参加しています。プラスチックゴミの削減につながり、海洋汚染をなくします。
またリサイクルで発生した利益は、発展途上国の子ども向けワクチン代として寄付することを掲げている運動でもあります。

- エコ・オーガニック製品の採用 -

・備品等の購入時にはエシカル消費を実行
使用する物品・備品を購入の際は、地球環境にやさしくエコ志向であるか、安心安全な材料で作られ、フェアトレードな製品であるか等、エシカルな消費概念を大切にします。

【最近の購入事例】
●客室備品バスタオル
フェアトレードなオーガニックコットンを使用し、風力発電100%の電力で織るオーガニックタオルIKEUCHI ORGANICを採用。

- 安心・安全の取り組み -

・新型コロナウイルス感染症拡大防止対策
加盟する業界団体(全国旅館ホテル生活衛生同業組合連合会)のガイドラインに沿って様々な取り組みを行っております。詳しくはこちら

・定期的な防災訓練の実施
東日本大震災(2011年)を踏まえ、自営消防本部を設置し、関係省庁と連携のもと防災・防火訓練を定期的に実施しております。

- 地産地消の取り組み -

地産地消の取り組みは、環境にやさしいだけではなく、生産者や消費者がたがいに恵みあう関係をつくり出し、持続可能な地域社会の構築につながるものであると考えます。また、温泉山荘だいこんの花の敷地内に自家菜園を設け、スタッフによる野菜づくりの活動も行っています。

1.生産者と消費者の交流
観光地と農村が共存する蔵王町では生産者と消費者の距離が近く、顔の見えるコミュニケーションが可能です。

2.地元生産者が元気になる
地場産のよいものを求め購入する消費者がいることで、地元の生産者もよりよいものをつくろうとする意識が高まります。

3.自然を守る
地域の農業を摩耗事は、農地を守り、美しい自然景観を維持することにつながります。

4.地域経済が活性化
生産する人、運ぶ人、売る人、買う人、食べる人、さまざまな人の元気な活動が地域経済の活性化につながります。

5.フードマイレージ削減で環境にやさしい
他県や国外から運び込まれるものに比べて、ガソリン代など輸送にかかる費用が少なく、エコにも貢献できます。

SDGs 17個の目標

1.貧困をなくそう
世界には今、1日1.9ドル未満で生活している人が7億人以上いるとされ、生きるための食べ物や水、医療や教育もうけられていません。連鎖する貧困を断ち切る必要があります。

1.No poverty
Globally more than 700 million people live on less than $1.90 a day today, struggling to fulfil the most basic needs like health, education, and access to water and sanitation, to name a few. More work is needed to bring people out of poverty.
2.飢餓をゼロに
飢餓に苦しむ人は世界中におよそ8億人。命を落とす子どもや健康に生きられない大人も多くいます。飢餓をなくすため、持続可能な農業をつくりだす知恵が求められています。

2.Zero hunger
There are about 800 million people estimated to be chronically undernourished in the world, including the large number of children who lose their life. Increasing agricultural productivity and sustainable food production are crucial to help alleviate the perils of hunger.
3.すべての人に健康と福祉を
新型コロナウイルスも含め、途上国では医療や健康に関する知識が行きわたらず、命を失うことも。世界中の人々が健康に生きるために、さまざまな取り組みが求められています。

3. Good health and well-being
Medical knowledge is still not significantly adopted in developing countries and it results higher mortality compared to advanced ones-COVID-19 as the example. More efforts are essential to reduce inequalities and to build good health for all.
4.質の高い教育をみんなに
読み書きができない15歳以上の人は、世界に7億人います。性別や経済力、年齢などに関わらず、「すべての人が質の高い教育をうけられるようにしよう」という目標です。

4.Quality education
About 700 million people over 15 years old worldwide are not meeting minimum proficiency standards in reading and writing. The aim is the achievement of universal access to a quality higher education for all regardless of gender, economic power, and age.
5.ジェンダー平等を実現しよう
社会や経済を男女の差別なく発展させていくために、女性が自分の人生を自分で決め、能力を発揮することができるよう、社会の制度や慣行を変えていくことを目指しています。

5. Gender equality
Ending all discrimination against women and girls is crucial for sustainable life and it’s proven it helps economic growth and development. It is vital to change a social system in order to empower women and girls.
6.安全な水とトイレを世界中に
世界では安全な飲み水を手に入れることができない人が21億人以上います。上下水処理の整理や、自然環境を見直し、持続的に安全な水を利用できるようにすることが必要です。

6.Clean water and sanitation
Worldwide, more than 2.1 billion people do not have access to safe drinking water. Providing safe drinking water sustainably requires we organize water and sewerage treatment and reconsider the natural environment.
7.エネルギーをみんなにそしてクリーンに
世界では12億超の人が電気を使えず、使用している人は化石資源の利用で気候変動が深刻化。より良い仕組みや技術を開発し、安価でクリーンなエネルギーが必要です。

7.Affordable and clean energy
The number of people without electricity dips to over 1.2 billion. On the other hand, those with electricity rely on fossil fuels, that is creating drastic changes to our climate. We need to invest more efficient system and to upgrade technology for the demand of affordable and clean energy.
8.働きがいも経済成長も
日本では「過労死」が問題になっています。生活を犠牲にして成り立つ経済成長ではなく、働きがいのある人間らしい仕事をすべての人が得られる社会に帰ることが大切です。

8.Decent work and economic growth
In Japan, many people die from being over worked. It is important to promote sustained economic growth by decent and humanlike works for all, not due to the sacrifices of their lives.
9.産業と技術革新の基盤をつくろう
広く公平に誰でも参入できる産業、資源を効率的に使う持続可能な産業をつくり出すためには技術革新が欠かせません。それには研究開発など長い目で見ることも大切です。

9.Industry, innovation, infrastructure
Innovation is a crucial driver of inclusive and sustainable industrialization. The progress also demands research and development in the long run.
10.人や国の不平等をなくそう
世界の富の半分以上がわずか1%の人のものであったり、年齢や性別など、さまざまな不平等が世の中にはあります。国家間の取り組みや社会の仕組みを変える努力が必要です。

10.Reduced inequalities
Various inequalities such as age and gender exist within and among countries. Especially income inequality is on the rise-the only 1 percent of world population have more than half of global income. More efforts are necessary to improve the approach between nations and the structure of society.
11.住み続けられるまちづくりを
都市には住宅不足、大気汚染、犯罪など、特有の問題があり、自然災害にも悩まれています。安全な街づくりに加え、住む人々が都市計画や管理に関われる仕組みが必要です。

11.Sustainable cities and communities
The rapid growth of cities by rising populations and increasing migration is resulting in a growing number of housing shortage, air pollution, and crime. Natural disaster is also becoming one of the big problems they are suffered from. Making cities sustainable means improving urban planning and management in participatory and inclusive ways as well as building safe societies and economies.
12.つくる責任 つかう責任
大量の食品や工業製品を生産・消費し、大量に廃棄しています。食品ロスを減らす、リサイクル、エネルギーの効率的な利用など、これらに対応する技術や仕組みが必要です。

12.Responsible consumption, production
Each year, a vast amount of food and industrial products are produced and tons of them end up in the bins of consumers and retailers. Acquiring the skill and patterns to reduce food loss and to optimize energy is a key to solve this issue.
13.気候変動に具体的な対策を
温暖化による異常気象は世界中の問題です。化石燃料の使用を止めて温暖化を緩和する、異常気象などが引き起こす災害を可能な限り抑え、気候変動に対応することが必要です。

13.Climate action
There is no country that is not experiencing the drastic effects of climate change by global warming. We are required urgent actions such as stopping to use fossil fuels and strengthening the ability of countries to deal with the impacts of the disaster due to climate change.
14.海の豊かさを守ろう
人間の出すゴミや排水、漁業の仕方により、海からの恵みが失われようとしています。持続可能な漁業の仕方の提案、食慣習や海との共存について考えていく必要があります。

14.Life below water
Our behaviors-trash, drainage, and the way of fishery-are getting seriously harmful to ocean’s environment at the current time. The 14 goal needs us to suggest a new sustainable way of fishery and to have a think about coexistence of our diets and sea life.
15.陸の豊かさも守ろう
人間を含めた生物が地球で暮らしていくためには、自然環境と生物の多様性を守ることが必要です。木を伐ったら植林する、野生動物な売買はしないなど、やれることはあります。

15.Life on land
In order to ensure all living things including us, it is crucial to save biodiversity. There are many actions we can take for now like planting trees once you cut down and refrain from buying and selling wild animals.
16.平和と公正をすべての人に
暴力を受けても法に訴えることができなかったり、裁判を経ずに投獄される人も。暴力や虐待のない平和な社会、誰もが法によって守られる社会をつくることを目的としています。

16.Peace, justice and strong institutions
Some regions fall into seemingly endless cycles of conflict and violence while others enjoy peace, security and prosperity. The SDGs are held for the purpose to significantly reduce all forms of violence, and work with governments and communities to end conflict and insecurity.
17.パートナーシップで目標を達成しよう
1~16の目標もパートナーシップをより密に、強く結ぶことで現実が動き出します。世界中の人々が対等に参加することが大きな力となり、それが社会を変えていきます。

17.Partnerships for the goals
The SDGs can only be realized with strong global partnerships and corporation. The environment where every person can participate equally makes a great power to change the world.
PAGE TOP

空室検索

チェックイン
宿泊数
ご利用人数
出発空港
※ご宿泊は12歳(中学生)からとなります。

<お問い合わせ>(株)タイムデザイン(0570-039866:月~金 10:00~18:00)